#014 森の影 / Waldschattenspiel

Designed by Walter Kraul GmbH (デザイナー名表記無し)

◇3行で説明

  1. 部屋を暗闇にしてろうそくに火を灯して遊ぶゲームは何とも幻想的!こんなゲームは他に見たことがない。
  2. 小人チームは全員での協力戦なので、小さな子供でも親と一緒に楽しむことができる。
  3. 暗い森の中でのかくれんぼに全身で没入しよう。
ゲーム中の雰囲気

◇事前準備

鬼を1人決める。それ以外は小人チームとして協力する。

ゲームボードと木のオブジェを組み立て配置する。

ろうそくに灯をともし、部屋の明かりを消す。

ろうそくをゲームボード上任意のマスに置く。
小人が隠れる。
鬼が目を伏せ、その間にろうそくの影になっている木陰に小人のコマを隠す。
ゲーム開始時の配置では、一つの木には一つの小人しか配置できない。

◇ざっくりルール

概要

暗闇の中、ろうそくの光を頼りにかくれんぼを行うゲーム。
鬼(ろうそく)はサイコロを振った分だけ進み、小人を光の下にさらして動けなくする。
一方の小人は影の中を移動し、鬼に見つからないように一つの木の下に集合することを目指す。

目的

鬼:小人を光の下にさらし、発見して動けなくする。全員発見し、動けなくすると鬼の勝利
小人:一つの木の下に全小人が集合できたら小人チームの勝利

ルール

1.鬼の手番
サイコロを振って出た目の数だけろうそくを動かす。

動かし方のルール
戻ることは出来ない。
二股に分かれているところではどちらに進んでも構わない。
動かすときはプッシュスティックを使って動かす。
鬼が動くことで、光の指す場所、影の形が変わる。
小人が光の下にさらされたら、その小人は動くことができなくなる。
2.小人の手番
鬼は目を伏せる。
小人はその間に影の中を移動し、隠れ場所を帰ることができる。

動かし方のルール
影が続いていればどこまでも移動することができる。
道などに従う必要はなく、ゲームボード中どこに置くこともできる。
一度鬼に見つかり、動けなくなった小人について
再び影の中にいれば、他の小人が近くに移動し、触れることで再度動くことができるようになる。
上記のように、鬼と小人の手番を交互に繰り返し、先の勝利条件を満たしたチームの勝ち。

勝利条件

鬼:小人を光の下にさらし、発見して動けなくする。全員発見し、動けなくすると鬼の勝利
小人:一つの木の下に全小人が集合できたら小人チームの勝利


◇感想

[Good]

  • 部屋を暗闇にして遊ぶゲームは何とも幻想的!
  • ろうそくの光を見ているだけで温かい気持ちになる。これぞ、アナログゲームでしか味わえない醍醐味。
  • 子供でも遊べる簡単なゲームルール。
  • 小人チームは全員の協力戦なので、小さな子供でも親と一緒に楽しめる。

[Bad]

  • 火を扱うので、注意が必要。
  • 鬼の振ったサイコロがちょっと暗闇の中で見にくい。

◇おススメ度 4/5


Sample
Powered by Blogger.