#025 いかさまゴキブリ / MOGEL MOTTE

Designed by Emely & Lukas Brand

◇3行で説明

  1. なんとこのゲーム、イカサマして良いゲーム!
  2. 何をしても良いので、とにかく一番先に手札を無くすことを目指します。
  3. 警備員が目を光らせる中、すきを見てイカサマ、イカサマ。ヒヤヒヤのスリルを味わえる。

◇事前準備

警備員マーカーのカメムシカードを除き、全カードをよく切って山札とする。
全プレイヤーに8枚ずつカードを配る。

◇ざっくりルール

概要

なんとこのゲーム、イカサマして良い!
イカサマしてもなんでも良いので、とにかく手札を無くすことを目指します。
イカサマが警備員のカメムシに見つかったら失敗!イカサマの出来ない、警備員に交代。

目的

カードをいち早く無くす。

ルール

カードの出し方
カードは1から5の数字が書かれている。場札より1多いか少ないカードを出すことができる。
5が場札に出ている場合は4と1が出せる。(1と5はループするように繋がっているものとみなす)
カードにより、特殊効果がある。

ハエカード
特殊効果無し。
蛾カード
通常のように出せず、イカサマでしか出すことが出来ない。
ただし、警備員のみ、通常通り出すことが出来る。

蚊カード
出した人以外の全員が場札の山を叩き、最も遅いプレイヤーがカードを1枚ずつ全員から受け取る。
アリカード
出した人以外の全員が山札からカードを1枚ずつ引く。
クモカード
出した人はカードを1枚任意のプレイヤーに渡す。ただし、蛾カードを除く。
ゴキブリカード
出した人を含む全員がこのゴキブリカードと同じ数字のカードを出す。最も早かったプレイヤーのみ出すことが出来、他プレイヤーは出したカードを手札に戻す。

イカサマと警備虫
プレイヤーはゲーム中、イカサマをしてカードを捨てて良い(!)
ただし、以下のルールに従うこと。
  • 手札カードは全て机の上にあること。
  • 一度に捨てられるカードは1枚ずつ。2枚同時に捨てることはできない。
警備員のプレイヤーは他プレイヤーのイカサマを監視する。
イカサマを見つけたら「捕まえた!」と叫び、ゲームを一時的に中断する。
  • イカサマをしていた場合 (告発成功)
    イカサマしようとしていたカードは元のプレイヤーの手札に戻す。また、警備員の手札から1枚受け取り、警備員の役割も引き取る。
  • イカサマをしていなかった場合 (告発失敗)
    警備員は山札からカードを1枚引き、ゲームを続ける。

ゲームの終了

手札を無くしたプレイヤーが出たら終了。
残りの手札はハエカードが1マイナス枚1点、アクションカードは1枚マイナス5点、蛾カードは1枚マイナス10点。
最も失点の少ないプレイヤーの勝利

◇感想

[Good]

  • イカサマをすることが目的のゲームなんて他にない!イカサマのスリルを感じることが出来る。
  • 蚊カードなどのアクションカードにより、場札にも注意を向けておかねばならない仕組みがあり、警備員もイカサマだけに注目しているわけにはいかない。
    イカサマのチャンスが自ずと生まれるような仕組みになっている。
  • 準備が簡単。
  • サクサク終わるので何度でも遊びたくなる。

[Bad]

  • カードが汚れがち。イカサマでテーブルの下にカード捨てたりする。よく遊ぶ人は複数持っておくと良い。
  • 警備員の判定タイミングは曖昧。遊ぶ人達で適当に決めよう。(3秒で時効など)

◇おススメ度 3/5


Sample


Powered by Blogger.