【ゲーム会レポ】 シュピール探検隊 #04

今日はBREMEN Games主催のゲーム会、

シュピール探検隊 #04

が開催されました。

ワイヤレススピーカー、プロジェクタ、アクションカムを設置し、準備万端。
常設コーナーもいつも通り設置済み。




私の持ち込みゲームは以下でした。

  • オーディンの祝祭
  • オーレ
  • ピクテル
  • 横暴編集長
  • ニューヨーク1901
  • 枯山水
  • コードネーム(普通&ピクチャ)
  • ファクトリーファン
  • ロイヤルターフ
  • ダンジョンオブマンダム

今回は来週のゲムマで頒布予定の
の試用も行いました。



遊んだゲームは全部で約30個。



私は以下のゲームを遊びました。

1. オーディンの祝祭


我が子の誕生祝いにいただいたオーディンの祝祭、
未プレイでしたがインストいただき念願の初プレイがかないました。
初回オーディンは結果81点で終了。
得点ボードのマイナスマスはすべて埋めることができたので、まずは満足。
一発目から激重で、終わったころにはプレイ時間2時間を超えていましたが、
非常に面白いゲームでした。

2. バサリ


最近New Games Orderより再版が決まり、何かと話題に上がるバサリ。
すごろく+バッティング+交渉というシステムのゲームでした。
何より交渉が熱い!
New Games Order,非常に良い作品を再販してくれたなーと感動しました。

3. カルカソンヌ


My Favoliteゲームでありますカルカソンヌ。
本日は4人の集団ゲームとして遊びました。
最近2人カルカソンヌしかやってなかったので、複数人で遊ぶのは久しぶりだったけど、
やはり王道。
多人数のパーティゲームとしても大活躍。
初めての方にも楽しんでいただけたかなと思います。
さて、ここから以下にカルカソンヌの深さを伝えていけるか。

4. 宝石の煌めき


こちらも何度もプレイしたことがありましたが、
リクエストにお応えして3人プレイ。
いつも通り、カードを以下に枚数多く獲得していくか、に焦点を置いてプレイしたが、
宝石コインをがめて狙ったカードを少数だけ購入するという、
自分の思っている勝ち筋とまったく違う攻め方で徹底的に敗北させられたことで
さらにこのゲームの深さを知った。
良いゲームでした。

5. ビュッフェのたたかい



本日のベストゲーム。
初めて聞いたゲームだったが、ウントチュースに似たルールでよく調整されているゲームシステムとのこと。(私はウントチュースも未プレイ)
非常によくできた、かわいいネズミのコンポーネントに加えて、非常に練り込まれたゲームシステム。
得点タイルの上書きルールにより、ジレンマが良く生きている。
簡単/シンプルなルールなのに奥深く悩ましいという理想のゲーム。

6. アイスクール


話題だったアイククールを初プレイ。
変型版おはじき。
箱をそのまま使ってコースを形成しているところが工夫があって素晴らしい。
練習した成果がそのまま出るので、
修練度が出て初プレイの人と差が出てしまうところが難点か。

以上の6つ。
激重のゲームから軽くサクサクできるものまで、
幅広く楽しめた一日でした。

一緒に遊んでくれた皆様、ありがとうございます


ボードゲーム思い出メモもみなさん使ってくださって、
非常にたくさんの感想メモが完成しました。


来週のゲムマにおける発売が楽しみです!

製品情報はこちら! (宣伝 w )


Powered by Blogger.