#008 コードネーム / CODENAMES

Designed by Vlaada Chvatil

◇3行で説明

  1.  連想ゲームに戦略やギャンブル性を追加
  2.  複数の単語を連想させるヒントをうまく出せるか?というユニークなゲーム性が面白い
  3.  初心者でも楽しめる、アイスブレイクに持ってこいのゲーム

◇事前準備

チーム分け:チームを2つに分ける(赤チーム vs. 青チーム)
スパイマスター選出:各チームから1名、スパイマスター(役割は後述)を決める

初期配置

ワードカードを25枚無作為に選び、5x5となるように並べる

スパイマスターとその他プレイヤーは向かい合って座り、スパイマスターの側にキーカードを立てる。

キーカードはチームリーダーのみが見る事が出来る。
キーカードには25枚のエージェントの正体が示されている。(赤のエージェント、青のエージェント、一般人、暗殺者)
初期配置

キーカードとワードカードの属性関係

◇ざっくりルール

概要

  • 5x5に配置されたワードカードは街に潜んだエージェントのコードネームを表している。
  • 25枚のうち、先行チームのスパイカードが9枚、後攻チームのスパイカードが8枚あり、それぞれのチームは自分のチームのスパイカード全てをいち早く選択(スパイメンバーにコンタクト)することを目指します。
  • スパイマスターから伝えられる、曖昧なヒントをもとに、仲間のエージェントを捜し出すことができるのか!?
  • 中には暗殺者も潜んでいる様子。。暗殺者にコンタクトしたチームは即壊滅状態となり、敗北します。
エージェントカード種類

目的

  • チーム戦。スパイマスターからのヒントをもとに、相手チームよりも早く、自分たちの仲間であるスパイメンバー全員にコンタクトしたチームの勝利。

ルール

1. 先攻/後攻を確認する
キーカードの4辺に描かれた色が先攻チームを示す

先行チームはスパイの数が一枚多く、9枚となるので、ダブルエージェントカードを自分の色として受け取る

2. スパイマスターからヒントの宣言
スパイマスターは自分の色のエージェントをチームプレイヤーに当ててもらうべく、ヒントを出す。
このとき、複数のコードネームのヒントとなる単語を考え、一回で出来るだけ多くのエージェントとコンタクトする事を目指します。
ヒントは「単語1つ + 枚数」で宣言
(例)「ヒトデ」と「宇宙」のエージェントを狙い、『スター、2枚』と宣言
3. エージェントとのコンタクト
現場諜報員(スパイリーダー以外のプレイヤー)はスパイリーダーから与えられたヒントをもとに、自分のチームのエージェントカードを選択する。
最低1枚、最高で「スパイリーダーが宣言した枚数+1枚」のエージェントカードを選択する事が出来る。
エージェントカードの選択は1枚ずつ処理する。
このとき、正しく自分のチームのエージェントカードを選択できた場合は、最高枚数まで引き続き選択する事が出来る。(途中で止めてターンを終了させても良い)
相手チームのエージェントカードや、一般人カードを選択してしまった場合にはターン終了。相手のターンに移る。
暗殺者カードを選択してしまった場合はその時点で強制的に敗北。相手チームの勝利となる
ターン終了したら、相手チームにターンが移り、「2. スパイマスターからのヒントの宣言」を行う
4. ゲームの終了
どちらかのチームが自チームの全エージェントにコンタクトしたらゲーム終了し、そのチームの勝利となる
ゲームの途中で暗殺者カードを選択してしまった場合はその場でゲーム終了となり、相手チームの勝利となる
注意点
ヒントの出し方として、ワードカードを直接英訳/和訳したようなヒントを出す事は出来ない
ヒントの出し方として、漢字のワードカードの部首をヒントとして出す事は出来ない。(鍵 のワードカードに対して 金 など)
スパイマスターは単語でのヒント以外、ヒントを出しては行けない。表情や他のコメントなど。
現場諜報員からスパイマスターへは「アクセント」に限り、質問してよい

◇感想

[Good]

  • 単純に、とても面白い!初心者でも盛り上がる。
  • 初対面のメンバーでもチーム間でコミュニケーションが発生するため、アイスブレイクに持ってこいのゲーム
  • 多少強引なヒントでも意外と伝わったり、自分は安全を見て置きにいったヒントで外されたり。あーでもない、こーでもないとわいわい楽しめるゲーム
  • パッケージアートワークがおしゃれ(日本語版より英語版の格好よさ)
  • 大人数でも楽しめる(公式には8人まで)

[Bad]

  • 言語依存性が有る(エッセンシュピールで見かけて、パッケージ共々非常に興味を引かれたが、さすがに英語ではプレイできないと、断念)
  • 複数ゲームやる際、スパイマスターを変更するために席替えが発生するので多少面倒

◇おススメ度 5/5


Sample

Powered by Blogger.